自然化粧品 サビーナ

”素肌へのこだわり” サビーナ自然化粧品

ナノセリューシュ(高機能美容ジェル)

新商品

¥ 16,200 税込

商品コード: 5863

数量

50g
ヒト幹細胞培養液(ヒト脂肪細胞順化培養液エキス)、EGF(ヒトオリゴペプチド-1)、FGF(ヒトオリゴペプチド-13)、低分子細胞たん白誘導体、レグーエイジ、ペンタバイティン(異性化糖)、ナノコラーゲン、ナノヒアルロン酸、ナノエラスチン、ナノセラミド、ソフケアTPS(チューベロース多糖体)、ナノビタミンC誘導体

<アレルギーテスト済み>
<パッチテスト済み>
※全ての人にアレルギーが起こらないということではありません。
※パッチテストとは、肌に化粧品を貼ってテストする方法です。
●無着色、無香料、無鉱物油、無石油系合成界面活性剤、無酸化防止剤

幹細胞は様々な細胞になることができ、再生医療の分野で注目されています。ヒトの脂肪細胞から採取した幹細胞を培養した際に、幹細胞から分泌される分泌液が「ヒト幹細胞培養液」です。細胞の活性を促す500種類以上のたんぱく質成分が含まれ、その中には150種類のサイトカインと呼ばれる情報伝達物質が含まれています。

細胞の表面には情報を受け取る受容体(カギ穴)が数多く存在し、そのカギ穴にぴったり合うカギとなるサイトカインと結びつく事で、代謝・活性が起こり組織再生や増殖など様々な働きが行われます。植物の幹細胞にはこの仕組みがないため、人の細胞のカギ穴に合うものがありません。そのため働きに差があるのです。

加齢に伴って情報伝達物質のサイトカインは減少し、様々な働きが弱るといわれています。「ヒト幹細胞培養液」にはサイトカインが豊富に含まれておりますので、若々しい肌づくりの為に、大事なエイジングケア成分です。

EGFは、体内で皮膚細胞の生産を促進するペプチドで、加齢と共に減少することで肌が老化。この発見はノーベル医学生理学賞を受賞し、熱傷などの皮膚再生の医療分野で使われ、当初EGFは1g約8,000万円の高額成分でした。現在はコストダウンに成功し、スキンケアでの利用も可能になりました。(※成分表示ではヒトオリオペプチド-1と表記されています)

人間の肌はEGFが働くことで表皮細胞が新しくつくり変えられています。しかしEGFは加齢と共に減少するため細胞の再成が遅くなり、肌は老化していきます。

年齢を重ねた肌ほど実感できるEGFの手応え

FGFは、「線維芽細胞増殖因子」のことで、真皮にある線維芽細胞というコラーゲンをつくりだす細胞に指令を送り、細胞の成長と増殖を促す成長因子です。皮膚内にはFGFを受け止めるFGF受容体が存在し、FGFと受容体が結びつくことで、真皮にある線維芽細胞に対して成長や増殖を促進させる指令を送ることができるのです。

成分を肌へ行き渡らせるナノ技術だからこそ、ナノ化する原料はもちろん、配合成分すべての安全性にこだわりました。
ぜひお使いいただいて、その品質を実感してください。

レグーエイジは、目元のくすみや腫れぼったさをケアすることを目的に、植物由来のペプチドとバイオテクノロジー技術で生産された酵母中の酵素(スーパーオキシドジスムターゼ)から作られた成分です。目元の皮膚はとても薄いため、目の周りの 滞った血液が透けて見えることがクマやくすみの原因のひとつと考えられます。
レグーエイジは巡りを促し、すっきり明るい目元に整えます。また、シワやたるみもケア。ハリのあるふっくら目元へと導きます。

植物由来のD-グルコースを異性化することによって得られる保湿成分。水分を引き寄せる性質により、角質の潤いを保持します。このモイスチャーマグネット効果は、優れた持続力があり潤いに満ちたなめらか肌をサポートします。

「ナノセリューシュ」は洗顔後、化粧水で肌を整えた後、適量(1~2プッシュ)を指にとり、お顔全体になじませてお使いください。

夜は朝よりも多めにお使いいただくと効果的です。「ナノセリューシュ」だけでも充分にお肌が潤いますが、特に乾燥が気になる部分には「セルバエッセンシャルオイル」を混ぜてお使いください。乾燥したお肌を守り、潤いを逃がしません。

ページ先頭へ戻る